1959年
廬山会議はじまる

1958年8月、毛沢東は「3年で米英を追い越す」として自ら主導して行ったのが、大躍進政策でした。これは農業生産、工業生産の場で、過度なノルマ主義を導入して、極端な増産を図るというものでした。科学的根拠もなく、技術革新もなく、計画性もないもので、森林伐採と石炭、鉄鉱石から鉄製農機具にいたるまで、資源を浪費して使い道のないほど質の悪い銑鉄を大量生産したり、害獣駆除を名目に雀を皆殺しにして大規模な蝗害を引き起こしたりした結果、大凶作を引き起こし、さらにノルマ主義のために、無理な穀物供出をさせた結果、その後の数年で2000万~5000万人が餓死するという史上空前の人的災害を引き起こしました。
その問題が露になりはじめ、毛沢東は責任をとって国家主席の辞任を表明。劉少奇体制になった中で、中国共産党中央政治局拡大会議、通称「廬山会議」がはじまります。
国防部長の彭徳懐は、大躍進政策の失敗について、毛沢東に書簡を送り、彼を擁護しつつ政策は間違っていないがやや急進過ぎたと婉曲的に指摘し、多くの幹部もそれに賛同しますが、それらの動きが、自分の失墜、失脚につながることを恐れた毛沢東は、突如、大躍進政策は間違っていなかったとして、彭徳懐をブルジョワジーであり、労働者の搾取を容認している、党を攻撃したと批判演説をします。すると他の幹部も恐れをなして同調し、彭徳懐は一気に失脚に追い込まれました。さらにこれを理由に彭徳懐派として多くの人が失脚や公職追放に追い込まれます。
結果的に、なんの反省も、政策の見直しもなく、毛沢東の暴走を止めることも出来ず、その後の文化大革命の暗黒時代へと突き進んでいくことになります。

ウインドウを閉じます

総合年表

総合年表ブログ