パンスペルミア説

地球の生物が、地球上での化学的な変化の結果生まれたのではなく、宇宙の他の天体で発生し棲息していた微生物が隕石などの衝突によって宇宙へ放り出され、極限の環境に耐えられる芽胞などの状態で運ばれてきて、地球に落下。地球上で進化したとする説。
具体的な証拠があるわけではないものの、地球誕生間もない環境で、短期間(数億年程度)で生命が発生したことに対する疑問から、この説を支持する人は多い。

ウインドウを閉じます

総合年表

総合年表ブログ